Kajirinhappyのブログ

おうちごはん、家飲み、山旅、温泉、リモートワーク中の日常などを綴っています。

【芋煮でカレーうどん】【庭のゴーヤと睡蓮】

昨日の芋煮でカレーうどん

昨日の芋煮に、残っていたお肉と舞茸を追加して、お昼はカレーうどんにしました。

f:id:Kajirin1:20211006114930j:image

冷凍庫に冬からずっと残っていた、霜がついてしまった冷凍うどんの霜を水でざっと落として、カレー粉を加えました。
f:id:Kajirin1:20211006114928j:image

里芋は昨日よりねっとり柔らかく、味を含んでより一層美味しくなっていました。
f:id:Kajirin1:20211006114923j:image

自家製らっきょうの甘酢漬けと、もずくと、いただきものの梨。

恵水という品種だそうです。

初めて食べました。大きな甘い甘い梨でした。 f:id:Kajirin1:20211006114925j:image

本日のゴーヤと睡蓮

山に行っていてしばらく家を留守にしていたので、庭の植物の様子を見ると、ゴーヤが5センチ程に育っていました。

10月の今日は真夏のような暑さ。

この暑さで、もう少し大きくなるか、それともこの辺りで成長は止まるのか。

もう少し様子をみて、今年初めてにして最後になるであろう庭のゴーヤをいただくことにします。

f:id:Kajirin1:20211005101353j:image

今年5つ目の睡蓮の花。もう蕾は見当たりません。

f:id:Kajirin1:20211006115431j:plain

私のiphoneで撮影

f:id:Kajirin1:20211006145011j:plain

夫撮影 その一

f:id:Kajirin1:20211006145014j:plain

夫撮影その二

 

kajirinhappy.com

 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。

ぜひ読者登録をお待ちしています♪ 

 

記事を更新した時にはツイッターでお知らせしています。

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

【汁物シリーズ第29弾山形の芋煮】【早崎屋のさつま揚げ】

山形の芋煮

今年も立派なねっとり里芋を、ママ友Kちゃんにいただいたので、昨年に引き続き、芋煮を作りました。

芋煮ってなんでこんなに美味しいんでしょうね。って作る前から言っている私。

山形県人でもないのに、山形の芋煮を堂々と語っていいのだろうかと若干のためらいがありますが、この季節に作りたく、食べたくなります。

昨年教えてもろたレシピを思い出しました。

f:id:Kajirin1:20211004164800j:image

<材料>5-6杯分

  • 里芋 6-7個
  • こんにゃく 1/2枚
  • ごぼう  1本
  • 舞茸 1パック
  • 長ネギ 1本
  • 脂多めの牛肉 200g
  • 出汁パック
  • しょうゆ、砂糖、みりん、酒適量
    f:id:Kajirin1:20211004164802j:image

<作り方>

今回は里芋を下茹でせずに、塩で揉んで洗った里芋、手でちぎったこんにゃく、ささがきごぼうを水と出汁パックと共に沸騰させて、あくを取って、
f:id:Kajirin1:20211004164758j:image

砂糖、みりん、酒、しょうゆで味付けしてから、仕上げに舞茸、長ネギ、牛肉を加えました。

素材のいいい採れたての里芋に味が染みて、自分で言うのもなんですが、大層美味しゅうございました。

うま〜い

これはいい材料のおかげですね。

ちょっと脂多めのややギトギトの値引きになってる和牛を久々に買ってみましたが、それもよかったみたいです。

f:id:Kajirin1:20211004164842j:image

夫と2人なので、ちょっと多めに作って、一回目は通常の芋煮として、翌日はうどんか蕎麦にカレーを入れて食べてみたいと思っています。

早崎屋のさつまあげ

この日、旧来の友人から鹿児島のさつま揚げが冷蔵便で届きました。

びっしり入っていてなんだかとても美味そうです。

f:id:Kajirin1:20211004164828j:plain
f:id:Kajirin1:20211004164823j:plain
鹿児島 早崎屋のさつま揚げ

早速オーブントースターであぶっていただくことにしました。

友人お勧めは、辛子マヨ、マヨごまゴマ醤油、大根おろしだそう。

お勧めに従い、生姜のすりおろし、辛子マヨ、マヨごま醤油にしました。

f:id:Kajirin1:20211004164840j:image

うま〜い

クセがなくて、甘くなくて、ぱくぱくいけちゃいます。

ひとり5こづつペロリ。

少し残して、あとは冷凍して、おでんの時に大量投入したいと思います。

やはり、本場鹿児島のさつま揚げはたまらぬ美味しさですね。

kajirinhappy.com

このブログは「はてなブログ」で運営しています。

ぜひ読者登録をお待ちしています♪ 

 

記事を更新した時にはツイッターでお知らせしています。

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

【涸沢カールを目指して、上高地 徳澤園宿泊記】

長年の憧れであった、涸沢カールの紅葉を見に、私の誕生日前祝い記念を兼ねての旅、3泊4日でゆったり日程で計画した記録です。

3泊4日の旅

1日目 上高地 ⇒ 徳澤園泊  ☜今ここ

2日目 徳澤園 ⇒ 横尾経由 ⇒ 涸沢カール ⇒ 涸沢小屋泊

3日目 涸沢小屋 ⇒ 徳澤経由 ⇒ 上高地 ⇒ ホテル白樺荘泊

 

通常涸沢カールは1泊2日のようですが(それもすごいと個人的には思いますが、ザック背負って山道16キロ、1日7時間歩く)、私達は無理をしないで、当初は徳澤園と涸沢小屋泊の2泊3日の予定でした。

全て満室だった上高地エリアのホテルを検索していた夫が、白樺荘に1室キャンセルが出たことを発見し、私の誕生日祝いを兼ねて、思い切って予約をしようと。

私の作る定食への値付けにはやたらしぶちんですが、こういう時は太っ腹です(下げてて上げるw)。

中高年の私、もはやモノより思い出、体験優先であります。

上高地から明神へ

駐車場に車を止めて、さわんどバスターミナル⇔上高地の往復バス乗車券@2,400を購入しいざ、上高地へ。

f:id:Kajirin1:20211004135826j:plain

隊長@さわんどバスターミナル

上高地バスターミナルに到着。
f:id:Kajirin1:20211004110903j:image

歩き始めます。

f:id:Kajirin1:20211004110900j:plain

上高地 河童橋穂高連峰

ビジターセンターの脇を通って、気になる明日の天気を確認します。
台風を心配していたので、予報が雨から曇りになってる!嬉しい。


f:id:Kajirin1:20211004110934j:image

f:id:Kajirin1:20211004110931j:image

小梨平を通過して進みます。

f:id:Kajirin1:20211004135557j:plain
f:id:Kajirin1:20211004135600j:plain
 エリンギ?

明神に着きました。

f:id:Kajirin1:20211004135634j:plain
f:id:Kajirin1:20211004135149j:plain
これが本当の原木きのこですね

穂高奥宮は雲がきれて神々しいです。

f:id:Kajirin1:20211004135112j:plain
f:id:Kajirin1:20211004135114j:plain
穂高奥宮

嘉門次小屋

昨年来た時は、自動食券機に長蛇の列だったので諦めましたが、今回は平日のせいか静かです。


f:id:Kajirin1:20211004111016j:image

f:id:Kajirin1:20211004111019j:image

お昼はここに決定。

岩魚は頭からしっぽまで食べられました。

絶妙な焼き加減にして絶品でした。

お隣に座った、いかにもいいカメラ&機材を背負ったおひとりの紳士は、ビール2本、岩魚2枚を一度にご注文。

通な頼み方にしびれる

f:id:Kajirin1:20211004121405j:plain
f:id:Kajirin1:20211004121412j:plain
名物の岩魚塩焼きとおでんとビールランチ

徳澤園

上高地バスターミナルから徳澤園まで約2時間歩いて、途中嘉門次小屋でお昼しながらゆっくり歩いて着きました。

井上靖の『氷壁』、新田次郎の『栄光の岩壁』といった小説ゆかりの宿だそう。どちらも読んだことありません。読んでみたいと思います。

可愛い外観と館内


f:id:Kajirin1:20211004111112j:image

f:id:Kajirin1:20211004111109j:image

上高地街道を歩いてくるとひときわ可愛い外観が目を惹きます。

f:id:Kajirin1:20211004111139j:image

f:id:Kajirin1:20211004111229j:plain
f:id:Kajirin1:20211004111227j:plain
雰囲気のあるエントランス
f:id:Kajirin1:20211004111313j:plain
f:id:Kajirin1:20211004111315j:plain
民芸風なラウンジ
f:id:Kajirin1:20211004125725j:plain
f:id:Kajirin1:20211004125727j:plain
ライブラリーと可愛いお土産コーナー

井上靖の『氷壁』に関する資料が展示されており、興味深く読みました。


f:id:Kajirin1:20211004125650j:image

f:id:Kajirin1:20211004125652j:image

相部屋HODAKA

私達はHOTAKAの相部屋です。

個室の和室や洋室もあるようです。

予約した時に、最も安い相部屋か最も高い洋室しか空いていなかったので、相部屋を選択。

f:id:Kajirin1:20211004111419j:image

私達のお部屋は、二段ベットの二階。NO.30とNO.31。

f:id:Kajirin1:20211004111342j:plain
f:id:Kajirin1:20211004111340j:plain
相部屋はカプセルホテルチック

f:id:Kajirin1:20211004122152j:plain

夫のベットNO.31

奥にザックが置ける棚があり、ハンガー掛けが脇にあり、電気のスイッチは天井に付いていて、コンパクトです。

清潔なリネン類、羽毛布団というところが◎であります。

f:id:Kajirin1:20211004111654j:plain

私のベットNO.30 自分で布団を引いた図

信濃白炭の湯


f:id:Kajirin1:20211004124445j:image

f:id:Kajirin1:20211004124448j:image

山の中でお風呂に入れるなんてありがたいです。

こちら女湯は8人まで可能、男湯は5人までだそう。女子のお客さん率が高いのが妙にうなずけます。

ガチガチの山男(女)なら、上高地から2時間のところで泊まるなんてことはしないでしょう。縦走予定の山男(女)なら、20キロ位のザックを担いで、上高地からその日のうちに奥穂高岳or北穂高頂上か槍ヶ岳山荘まで9-10時間歩いてテント泊するでしょう、と私の勝手な想像。

写真は徳澤園のHPからお借りしました。

https://www.tokusawaen.com/images/FcltySpa1.png

77歳の女傑に出会う

この女湯脱衣所で、77歳ひ孫あり、日本百名山全座踏破、涸沢カール7回目、ソロ登山の京都からおいでのゴッドグランドマザー(以下勝手にGMと呼ばせていただきます)に声を掛けられました。

GMは、既に涸沢からおひとりで下山され、本日ゆっくり湯につかり、明日また別の山を登ると。GM曰く、70歳以上がツアーに申し込むには家族の同意が必要で、75歳以上になるとツアーにも申し込めず、パンフレットさえ送られてこないので、これが最後と思ってソロ登山に来たと。

涸沢から穂高に登ったんですか?ザックの重さはどの位ですかと質問すると、GMは、穂高には既に3回登っているので今回は涸沢の紅葉のみの目的、ザックは最大16キロ担いだが、今は13キロ位だと。夫のザックより重い。私の倍です。

ひえー!

世の中には目を見張る女傑、猛者がいるものです。とても77歳には見えない、パワフルなGMに圧倒されてしまいました。

そしてその隣で入浴中の同じく70代のお二人のお姉様方と、常念岳からどこがよかったとか、塩見岳から何とかを経由して北岳に至る縦走は、男が泣き出す程厳しいが、素晴らしいものだったと語り合っておられました。

GMのように日本百名山踏破とまではいかずとも、体力、気力、筋力を充実させて77歳まで楽しく山を登り続けたいと思った50代の夜。

売店とキャンプ場

風呂上りに、名物のソフトクリームとレモン酎ハイを飲む不思議な組み合わせもOKな我ら。


f:id:Kajirin1:20211004111517j:image

f:id:Kajirin1:20211004111519j:image

ぶらぶら徳澤園前のキャンプ場を散策。

持ち込みテントは予約なしでOK、レンタルもあるし、手ぶらでぶらりとキャンプ略してブラキャンも出来るとはなんと至れり尽くせり。


f:id:Kajirin1:20211004111604j:image

f:id:Kajirin1:20211004111606j:image

こちらのおしゃれなコーナーは、ブラキャンのお客様限定だそうです。


f:id:Kajirin1:20211004135014j:image

f:id:Kajirin1:20211004135012j:image

夕飯と朝食

5時15分から夕食です。カフェのようなかわゆいメニューボードに期待膨らむ😊
f:id:Kajirin1:20211004124738j:image

メインダイニングも温かい雰囲気です。


f:id:Kajirin1:20211004125544j:image

f:id:Kajirin1:20211004125546j:image

自家菜園で採れた無農薬のお野菜での優しい食事。

昼間に続いて岩魚ですが、こちらも先ほどまで裏の渓流で泳いでいたものだけあって、新鮮にして頭から全部いただけます。

自家製豆腐も優しく。

ステーキいただけるとは思いませんでした。大満足。


f:id:Kajirin1:20211004124323j:image

f:id:Kajirin1:20211004124320j:image

後ろの席のグループは、明日は朝5時出発のため、朝ご飯のおこわのおにぎりを受け取っていました。朝5時に出発して、涸沢カールに行って、戻って来るようです。

ベテランのガイドさんが、とにかく荷物は少なく、雨具、お弁当、飲み物、防寒着を忘れずに、お金があれば、涸沢で食べ物も買えますからと。

あとの荷物は置いていくようにと伝えていたのを、ふむふむと聞き耳を立てて聞いていました私。

 

満腹になり、やることない私は20時には就寝。

うっすらいびきかいてたと翌朝隊長に指摘され、1階の人に聞こえなかったかしらと思うと小っ恥ずかしい。

 

翌朝、6時に起きても10時間しっかり寝た私。寝過ぎだよねw。

7時に昨晩と同じメインダイニングで朝食です。

昨晩のたぶんモン〇ルのツアーと別のツアーの皆さんは、朝5時に出発したらしく、朝は昨夜程人がおりません。

女将のふるさとの天草のひじきとおからの炊いたんが優しい。

f:id:Kajirin1:20211004125614j:image

当初の天気予報では、台風接近&雨の予定でしたが、雨も降らず、最小限の中身のみのザックから、更に、今宵小屋で使わないであろうグッズ(お風呂に入った時の濡れたタオルや、徳澤園でいただいた歯ブラシ、着替え等)をまとめて、徳澤園に預けて、8時前に出発しました。

f:id:Kajirin1:20211004135032j:image

初日のデータ

初日は、上高地から徳沢園まで、以下赤いルートで、約9.7キロ歩きました。

f:id:Kajirin1:20211004180656j:image

 

www.tokusawaen.com

 

 

続きは今週後半にアップ予定です。

 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。

ぜひ読者登録をお待ちしています♪ 

 

記事を更新した時にはツイッターでお知らせしています。

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

【涸沢カールに向けて山行準備】【ザックの軽量化】

この2-3年ずっとずっと恋焦がれていた、紅葉の涸沢カールを目指して、先週から3泊4日の山行の準備しました。

↓この見事な紅葉を見に行きたくて。

f:id:Kajirin1:20211003191310p:plain

涸沢カール (写真は涸沢ヒュッテのHPからお借りしました)

3泊4日の予定

宿泊は、私たちには珍しく、一か月前から予約をして、3泊の予定でザックの中身を吟味しました。

1泊目 徳澤園泊

2泊目 涸沢小屋泊

3泊目 上高地 ホテル白樺荘泊

レインウェア

重要なレインウェアは、今まで上下別々に収納袋に入れていましたが、上下共ファスナーを開けて、畳んでクルッと巻いてフードに巻き入れると、急な雨の時一瞬で広げられることを知りました。

これは、NHK BSプレミアム日本百名山の再放送を見た時に番組内で紹介されて、なるほどと。


f:id:Kajirin1:20210928154153j:image

f:id:Kajirin1:20210928154155j:image

f:id:Kajirin1:20210928154158j:image

レインウェアのパンツの裾のファスナーも開けておき、レジ袋を2枚一緒に畳んで丸めました。

雨天時、ごつい登山靴の上にレジ袋を履いて、レインパンツを履くと、スルリと履けるそう。

これも実際にパラパラ雨天時にやってみて、何とまあストレス無く早く履けることと実感したのでありました。

登山中上級者には当たり前のことなのでしょうが、私達夫婦には目からうろこでした!

ザックの中身を吟味する

f:id:Kajirin1:20210929181307j:image

ザックに入れる荷物を広げて、ザックと、荷物の重量を測る私。

フリースは結局持たず、ポケッタブルのダウンだけにしました。今回は結果オーライだったけど、やっぱりフリースはバックアップに持って行ったほうが良かったかな。

化粧ポーチはもっと小さいものに変更。中身も極限まで減らして。

ビリヤニと携帯トイレは、夫が一つ持ったので私はやめる。

着替えも最小限。といいますか、トップのインナーウェアーもトレッキングパンツも上下で4日間同じもので過ごすことに。

夫は、クッカー、ツェルト、ファーストエイドキット、食料多め、携帯トイレを持ちました。

f:id:Kajirin1:20211003192744j:plain

化粧ポーチは小さいものに変更、1Lのソフトフラスコに水、グローブ追加

ハンディスケール

f:id:Kajirin1:20211003190552j:image

モンベルで求めたハンディスケールが、ザック全体の重量を計るのに便利かと購入。とてもよかったです。

毎回体重計を引っ張り出してきて計測する手間から解放されました。

これは沢渡の駐車場まで持っていき、出発間際まで計測し、あとは車において置きました。

f:id:Kajirin1:20211003185931j:image

どちらも水1.5L-2.0Lも加えて、私のザック7.5kg、夫は12.4kg。

f:id:Kajirin1:20211003190256j:plain
f:id:Kajirin1:20211003190259j:plain
私 7.5kg   夫1 2.4kg

合言葉は、とにかく軽く軽く。

直前まで、自宅でキッチンスケールも出してきて、何か軽くできないかと、サングラスケースもやめて、薄ーいソフトケースに変更。

化粧落としのクレンジングシートも、新品を家で何枚か使っておいて、数グラムでも軽くしておく。

重いと歩けなくなってしまう、弱い自分を知っているので重くできないチキンな私です。

 

いよいよ涸沢カールに向けて出発です。

明日に続きます。

 

 

こんな記事も書いています。昨年の上高地の1泊2日の準備です。

kajirinhappy.com

 

昨年の上高地上高地温泉ホテル泊でした。

kajirinhappy.com

 

大人になっちゃった子供たちも一度は連れて行きたい上高地

kajirinhappy.com

 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。

ぜひ読者登録をお待ちしています♪ 

 

記事を更新した時にはツイッターでお知らせしています。

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

【ズッキーニボール】【ケサディーヤ】

ペスカタリアンの娘が来た時に、肉なしメニューを作りました。

ズッキーニボール

ズッキーニがとてもお値打ちで売っていたので、ズッキーニボールを作ってみました。

f:id:Kajirin1:20210923172304j:image

カリフォルニアばあさんのレシピを参考にさせていただきました。

f:id:Kajirin1:20210923172335j:image

ズッキーニ、玉ねぎ、パセリ、にんにくのすりおろし、パン粉、卵、パルメジャーノレッジャーノにハーブ塩をくわえて、混ぜてボールにして、コーンミールと小麦粉と少量のサラダオイルを混ぜた粉をまぶして、オーブントースターで焼きました。


f:id:Kajirin1:20210923203623j:image

f:id:Kajirin1:20210923203618j:image

焼き上がり。

油もお肉も使っていないヘルシーなボール。

とても気に入りました。

パン粉の代わりに、今度はオートミールでも作ってみたい。

f:id:Kajirin1:20210923203632j:plain

ズッキーニボール

ケサディーヤ

冷凍庫にあったトルティーヤ4枚をケサディーヤにすることに。

メキシカン大好きです!

①チーズ、ツナ、セロリの葉 ②チーズ、しいたけ、トマト


f:id:Kajirin1:20210923203731j:image

f:id:Kajirin1:20210923203728j:image

f:id:Kajirin1:20210923203724j:image

③チーズ、シイタケ、オリーブ ④チーズ、舞茸、セロリの葉


f:id:Kajirin1:20210923203803j:image

f:id:Kajirin1:20210923203826j:image

f:id:Kajirin1:20210923203829j:image

夫が揚げた、フィッシュ&チップスのフィッシュのみ、私が作ったサルサメヒカーナとガッカモーレで、またもや飲みメニューになりましたw。

f:id:Kajirin1:20210923203959j:image

ズッキーニが旬の時期に、また作りたくなった、リピート間違いなしのボールでした。

 

こんな記事も書いています。お家でタコス楽しい&美味しい。

kajirinhappy.com

 

今どきの大豆ミートシリーズを使って、タコライスもいけます。

kajirinhappy.com

 

トルティーヤの皮が余ったときは冷凍して、ケサディーヤを作ること多しです。何でも入れて焼いてしまいます。

kajirinhappy.com

 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。

ぜひ読者登録をお待ちしています♪ 

 

記事を更新した時にはツイッターでお知らせしています。

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

【汁ものシリーズ第28弾きのこと野菜たっぷり味噌汁】【ブリの塩麹焼き】

娘が帰ってきた時は肉なし魚と野菜中心のペスカタリアンメニューです。

秋になると、新米と共に、きのこと野菜たっぷりの汁物が欲しくなります。

きのこと野菜たっぷり味噌汁

f:id:Kajirin1:20210924122410j:image

<材料>4-5人分

  • 大根 4-5センチ
  • にんじん 細いの半分
  • こんにゃく 1/2枚
  • 油揚げ 1/2枚
  • しいたけ 2枚
  • 舞茸 1/2パック
  • ねぎ

<作り方>

出汁パックにネギ以外の乱切りにした材料を加えて、材料が柔らかくなったら味噌を加えました。

ブリの塩麹焼き定食

f:id:Kajirin1:20210924122412j:plain

中年女子盛

値下げになっていたブリは前日のうちに塩こうじに両面つけておき、オーブントースターで焼きました。

久々に切り干し大根の煮物も作ってみました。

毎度おなじみ冷奴と、サラダと本日の果物は最後のピオーネとバナナ。

f:id:Kajirin1:20210924124741j:plain
f:id:Kajirin1:20210924124801j:plain
中年男子盛 20代娘盛

いつもの会話、この定食にいくら出す?

 

娘 850円

夫 780円

私 980円

 

娘曰く、この値付けの会話で、夫と私は一生交わることがないので、もう聞かない方がいいのではとのご意見。

ごもっとも。

 

大人になった娘の冷静な観察と意見は、傾聴したいと思うようになりました。

 

こんな豚汁も作りました。みんな大好き豚汁。

kajirinhappy.com

 

複数のきのこ汁はやっぱり秋には大人気です。

kajirinhappy.com

 

鶏つくね汁も外せない。お肉は入るとぐんと美味しくなります。

kajirinhappy.com

 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。

ぜひ読者登録をお待ちしています♪ 

 

記事を更新した時にはツイッターでお知らせしています。

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スパイスカレー カリカリ】

 

スパイスカレー カリカリのオレンジ色のサインに惹かれて、夫と行ってみました。

f:id:Kajirin1:20210921121749j:image

場所は台東区台東1丁目14-11

台東区のいきいきプラザの前にある小さいかわいらしいお店。

可愛らしい店構え。

f:id:Kajirin1:20210921121752j:image

入口の脇にある券売機で食券を購入します。
f:id:Kajirin1:20210921121746j:image

夫はツインカレー(ビーフスリランカカレー)980円。

f:id:Kajirin1:20210921121902j:plain

ツインカレー

トロリとした深みのあるビーフカレーとサラリとしてスパイシーなスリランカ風カレーの二種類が楽しめるとあります。

私も味見させてもらいましたが、それぞれ特徴のある味です。

夫も私も、ココナッツミルクの入ったスパイシーなスリランカカレーが味わい深くて好きな味。

 

私は野菜とひき肉のカレー880円。

f:id:Kajirin1:20210921121905j:plain

野菜とひき肉のカレー

ほうれん草、ブロッコリー、なす、黄赤パプリカ、がごろごろ入っいて、スパイス効いてこち好きな味。

平日の11:45ごろに入店しましたが、周辺の会社の皆さんでしょうか、次から次へと入店してきてあっという間に満席になりました。

丁寧に真面目に作られていることを感じたスパイスカレーでした。

私もスパイスたっぷりのカレーを久しぶりに作りたくなりました。

 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。

ぜひ読者登録をお待ちしています♪ 

 

記事を更新した時にはツイッターでお知らせしています。

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ