Kajirinhappyのブログ

おうちごはん、家飲み、山旅、温泉、リモートワーク中の日常などを綴っています。

【タケダワイナリー】【山形のお土産】

蔵王山の登山後、汗を流してすっきりして、目指すはタケダワイナリー。

タケダワイナリー

こちらのワインが美味しくて、山形に来たんだからぜひ寄っていこうということになりました。

f:id:Kajirin1:20210923143654j:image
f:id:Kajirin1:20210923143657j:image

休日のため、見学は実施していませんでしたが、売店だけは開いていました。
f:id:Kajirin1:20210923143648j:image

長身の男前店長(もしかして若社長?)がとても親切に説明してくださり、何本か購入。一本づつ保冷剤を入れて下さってとても丁寧です。

飲んで応援します!
f:id:Kajirin1:20210923143700j:image

ワイナリーの周辺にはシャルドネの葡萄の木が。
f:id:Kajirin1:20210923143652j:image

葡萄もたわわにも実っています。日本のワイナリーを応援したい。

道の駅米沢

帰りは道の駅米沢に立ち寄りました。

f:id:Kajirin1:20210923144207j:plain

道の駅米沢

f:id:Kajirin1:20210923144233j:image

f:id:Kajirin1:20210923144236j:image

なになにこの小さいナス

この薄皮丸ナス超買いたかったのですが、お漬物液が売り切れで、自作できる自信ないので諦めました。

小さくて、皮が薄くて、なんだかとっても美味しそうでした。

おすすめのなす漬け食べてみたい。また来たい。

f:id:Kajirin1:20210923145944j:plain

3種の肉セット

自宅に着くのは遅くなりそうだからと、こちらの道の駅で夕飯のお惣菜やお土産を買いました。

夫がこれをチョイス。

タンパク質大事だと。

だから肉だと。

帰宅後、買ってきたポテトサラダなどを並べて、すべて買って来たお惣菜で、糖質ゼロの一番絞りでお疲れさんからのー

f:id:Kajirin1:20210913180131j:image

山形のお土産

この日買った、タケダワイナリーのペティアン ブラン(微発泡) を開けるふたり。

f:id:Kajirin1:20210926200344p:plain



かなりいいです、こちらの微発泡。リピ買いしたい。

山形の素晴らしい温泉、蔵王、食の恵みに乾杯!

f:id:Kajirin1:20210923144440j:image

さくらんぼブッセと山葡萄のお菓子は双方の両親へ。

蔵王の森は、小袋入りの黒糖がけのピーナッツ。でん六製。

大量に買っている人を見かけて、そんなに旨いのか?と真似して買ってみましたw。

紅花ふうき豆もでん六製でした。どちらも美味しかった!

写真撮り忘れましたが、大好物の赤かぶ漬けも買いました。食べちゃいました!

 

今年は、日本百名山 西吾妻山蔵王山と山形の2つの山に登りましたが、どちらも素晴らしい景色、そして温泉と山形の恵みを満喫しました。いいところです本当に。

 

来年は出羽三山羽黒山」「月山」「湯殿山」や鳥海山にも登ってみたいと思った山行でした。

 

また頑張って働こう、筋力&金力つけようという気持ちになりました。

 

 

こちら、西吾妻山登山と白布温泉もよいところでした↓

kajirinhappy.com

 

kajirinhappy.com

 

蔵王山 熊野岳 御釜は美しかったです。

kajirinhappy.com

 

蔵王温泉ではこちらに宿泊しました。

kajirinhappy.com

このブログは「はてなブログ」で運営しています。

ぜひ読者登録をお待ちしています♪ 

 

記事を更新した時にはツイッターでお知らせしています。

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

【紅葉始まる蔵王山 熊野岳登山 御釜に行ってきた】

前日に蔵王温泉の深山荘高見屋に宿泊し、この日は9時の蔵王中央ロープウェイに乗って蔵王山 熊野岳 御釜を目指しました。

蔵王中央ロープウェイ

f:id:Kajirin1:20210915080843j:image

f:id:Kajirin1:20210922163908j:plain

ロープウェイに乗りまーす

ロープウェイから名物のスキーの難コース横倉の壁がよく見えます。

一度滑ってみたかったわー。

f:id:Kajirin1:20210922164024j:plain

有名な横倉の壁 最大斜度38度

f:id:Kajirin1:20210922164032j:plain

7分で鳥兜山に到着

f:id:Kajirin1:20210922170651j:plain

鳥兜山頂 1387m 眺め素晴らしい

この日のコース

9/15まで、地蔵山頂駅まで直接行ける蔵王ロープウェイが運休だったので、蔵王中央ロープウェイに乗って、スキー場の斜面を登りながら、以下のルートでお釜まで行きました。

 

蔵王中央ロープーウェイ ⇒ 鳥兜駅経由 ⇒ 蔵王地蔵尊 ⇒ ヤマンバさま ⇒ 熊野岳山頂 ⇒ 御釜 ⇒ 地蔵山 ⇒ 鳥兜駅 ⇒ 蔵王中央ロープーウェイ

f:id:Kajirin1:20210922162737p:plain

この日のルートマップ

このマップは、蔵王ロープウェイのHPからお借りしました。

登山開始

f:id:Kajirin1:20210922171237j:plain

スキー場内を進みます。
可愛いきのこに足がとまってしまうのでした。

f:id:Kajirin1:20210916144750j:plain
f:id:Kajirin1:20210916144759j:plain
きのこが気になる
f:id:Kajirin1:20210922171003j:plain
f:id:Kajirin1:20210922171011j:plain
これも気になる

いよいよ、登山道を登ります。と言いますか、スキーの斜面の脇を延々に登ります。

左下には”愛の鐘”。蔵王中央高原幸せを呼ぶ3つの鐘のうちの一つだそう。

f:id:Kajirin1:20210922171512j:plain

こうしてみると大したことないようですが、当たり前ですが、ずーっと上り坂で、日陰もないので暑くて、息が上がります。

f:id:Kajirin1:20210919212313j:image

しつこいですが、冬ならリフトで登るところを歩きます。結構斜度があります。

f:id:Kajirin1:20210922172211j:plain
f:id:Kajirin1:20210922172200j:plain
ザンゲ坂を上って登って

蔵王地蔵尊

f:id:Kajirin1:20210922172347j:plain

蔵王地蔵尊

蔵王地蔵尊に着きました。

標高約1,660mの高地に鎮座するこの地蔵は、高さ2.34mの大きな坐像で、安永乙未年(1775年)に造立。完成までには37年もの長い歳月がかかったそうです。

この石材を200年も前に運んできたのかと思うと、すごいことです。

f:id:Kajirin1:20210922172729j:plain
f:id:Kajirin1:20210922172740j:plain
木道が歩きやすい 

9月初旬、少し色づき始めています。今頃はすごい紅葉でしょうか。

あの道を歩いて、前方の熊野岳に登ります。

f:id:Kajirin1:20210925103436j:plain

りんどうもあちこちに咲いて、蜂が蜜を吸っていること多し。

f:id:Kajirin1:20210925103445j:plain

途中ヤマンバさまの石像を経由して

f:id:Kajirin1:20210922173137j:plain

姥神 ヤマンバさま

長い岩場の先に目指す熊野岳

f:id:Kajirin1:20210924185755j:plain

長い岩場

ついに着きました、山頂の蔵王山神社

f:id:Kajirin1:20210924185750j:plain
f:id:Kajirin1:20210924185744j:plain
蔵王山神社

山頂1840mに到着。

f:id:Kajirin1:20210924204745j:plain
f:id:Kajirin1:20210924204754j:plain
日本百名山 蔵王山山頂(熊野岳 1840m)

今度は御釜を目指します。

蔵王御釜

f:id:Kajirin1:20210919212213j:plain

御釜 

エメラルドの御釜に息をのむ。

御釜(おかま)は、宮城県刈田郡蔵王町と同県柴田郡川崎町の境界付近にある火口湖で、五色沼とも呼ばれる。蔵王連峰の中央部の最も標高の高いエリアにあり、しばしば蔵王連峰の象徴として見られている。宮城県山形県の県境から至近であり、宮城県のみならず山形県の名所としても紹介される。出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

f:id:Kajirin1:20210925102920j:plain

アップ 御釜

釜状なので「御釜」という名前がついたそう。 湖面はエメラルドグリーンの水をたたえ、荒々しい火口壁と対比して神秘的な雰囲気。

冬の樹氷と共に蔵王の象徴となっています。 今まで26回の噴火を繰返し、最近では明治28年2月15日に噴火しました。 昭和14年に測深した当時は深さが63mありましたが、五色岳断崖の崩壊により年々埋まり、 昭和43年の測深時には最大深度27.6m、平均深度17.8m、周囲1,080m、東西径325m、南北径325 mでした。 湖水は強酸性のため生物は生息できません。

水温は表面から10数mの深度で摂氏2度まで下がり、それより深度を増すと温度が高くなる特殊双温水層で、世界でも例がない湖です。 太陽光線の当たり方で様々に色を変えるため、「五色湖」とも呼ばれているそうです。

(重要)例年11月上旬~4月下旬は、蔵王エコーライン・ハイラインの冬期通行止めに伴い、基本的に見学することができません。

 

私達は熊野岳登山後に御釜に向かいましたが、御釜に最も近い駐車場からだと、手軽にいけるようです。

では戻りまーす。

f:id:Kajirin1:20210924205233j:plain
f:id:Kajirin1:20210924205243j:plain
避難小屋

地蔵山経由で、登ってきたザンゲ坂を前のめりになりながら転げるように下りました。

f:id:Kajirin1:20210924210322j:plain
f:id:Kajirin1:20210924210332j:plain
地蔵山 1736m経由で下山しました

トレッキングデータ

f:id:Kajirin1:20210924221318p:plain
f:id:Kajirin1:20210924221155j:plain
一気に500メートルを登ったのがきつかった

いつもはややゆっくりスペースなのに、今回は、ポールはほとんど使わず、スキー場の斜面をこれでもかと登り、その急斜面を半ば走るように下りてきました。その区間はすごい速度になっていました。

YAMAPと私のアップルウォッチの距離の差が気になる。

立ち寄り温泉 蔵王温泉 源七露天の湯

汗をたっぷりかいたので、下山後に立ち寄り温泉 源七露天の湯でひと風呂浴びて帰ることにしました。大人550円。

f:id:Kajirin1:20210924145020j:image

広々とした露天風呂、雰囲気のある内風呂。

f:id:Kajirin1:20210924145930p:plain

女性露天風呂

露天風呂の写真はHPからお借りしました。

露天風呂が開放的で、乳白色で、泉質がまたいいです。

もう少しゆっくりしたいけど、この日帰るので早々に切り上げました。

730m登って、きついところもありましたが、お天気に恵まれ、何と言っても御釜が美しかったです。

しほさんのお釜のブログを見て、お天気のいい時に蔵王温泉日本百名山蔵王山熊野岳)に登り、御釜を見ることができて幸せです。

 

汗を流して、この後、せっかく山形まで来たんだからと、お気に入りのタケダワイナリーを目指しました。

明日に続きます。

 

前日は蔵王温泉 深山荘高見屋に宿泊しました。

kajirinhappy.com

このブログは「はてなブログ」で運営しています。

ぜひ読者登録をお待ちしています♪ 

 

記事を更新した時にはツイッターでお知らせしています。

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

今年ナンバー1温泉(泉質) かも【蔵王温泉 創業300年 深山荘高見屋宿泊記】

蔵王に行くのは何年振りでしょうか。

夫と山と温泉の旅を計画しながら、いつ行ったかなとお互い記憶をたどりました。

2人とも結婚する前に、別々にスキーの時期だからはるか30年も前のことでした。

しほさん蔵王のお釜のブログを見て、あー行きたい、と天気予報とにらめっこしながら、楽天スーパーセールになっているお宿を夫が探してきました。

大きな蔵王山神社の鳥居⛩をくぐって行きまーす。

f:id:Kajirin1:20210913180903j:image

蔵王温泉 深山荘高見屋 

樹氷通りから高湯通りを右折して、この通りの一番奥が高見屋。

駐車場に着いたら、階段を登ります。駐車場でスタッフの方が待機されていて、荷物を持って下さいます。自分で持てます、と言っても持ってくれます。

看板に享保元年創業(1716年)とあります。なんと300年も続く宿。

f:id:Kajirin1:20210914202939j:plain
f:id:Kajirin1:20210911162000j:plain
享保元年創業の高見屋

f:id:Kajirin1:20210914203330j:plain

正面玄関

検温、消毒、チェックイン後に、お部屋に案内されました。

古い4棟の和風建築の建物を廊下や階段で繋いでいると、館内の説明を受けました。

感染症対策により、ウェルカムドリンクは冷蔵庫に冷やされた山形のかわいいりんご🍎ジュース缶。

お部屋のお菓子も甘酸っぱい山葡萄のお菓子と干し梅。


f:id:Kajirin1:20210912195122j:image

f:id:Kajirin1:20210912195118j:image

二間続く和室のお部屋と、椅子のコーナーもあり、広々しています。


f:id:Kajirin1:20210912195156j:image

f:id:Kajirin1:20210912195200j:image

館内には、ライブラリーや、その昔この宿に山形藩主や皇族が宿泊した際のゆかりの品も展示されて。


f:id:Kajirin1:20210912195514j:image

f:id:Kajirin1:20210912195517j:image

酢川温泉神社 

宿の隣の鳥居から、250段の石段を歩くと酢川温泉神社に行けると伺ったので、行ってみました。

両脇にはサラリーマン川柳が書かれたプレートが灯篭にかかっていました。

楽しいような、なんだかちょっと違うような。

f:id:Kajirin1:20210914221558j:plain

須川温泉神社

蔵王山の石碑の後ろには享和三年とありました。1803年、江戸開府200年!

f:id:Kajirin1:20210914221653j:plain
f:id:Kajirin1:20210914221701j:plain
長い石段 蔵王山の字が見事

f:id:Kajirin1:20210914222750j:plain

酢川温泉神社

檜の湯(源泉2号)

浴衣に着替えてまずは、せせらぎの湯の檜の湯へ。

男湯と女湯は夜23:30以降交換になります。


f:id:Kajirin1:20210912195256j:image

f:id:Kajirin1:20210912195253j:image

立ち込める硫黄のにおい。これぞまさしくザ温泉です。

泉質は、なんと全国2位pH1.5の強酸性泉&硫黄泉。

日本で二番目に強酸性温泉だそう(1位は玉川温泉)。

f:id:Kajirin1:20210914223350j:plain
f:id:Kajirin1:20210914223359j:plain
檜の内湯と露天風呂 

湯の花が見えて、源泉かけ流しの白濁の湯。たまらなくいいです。

長寿の湯(源泉1号)

こちら女湯。源泉1号と2号の違いは私にはわかりませんが、どちらも満足、何ともいい湯でした。

f:id:Kajirin1:20210914220629j:plain

山形県温泉年表。原始時代から高湯蔵王温泉があります。すごい。
f:id:Kajirin1:20210912200151j:image

夕食

夕飯はお食事処 蔵漆亭で。

f:id:Kajirin1:20210913181048j:plain
f:id:Kajirin1:20210913181053j:plain
食前酒:彌平治 三百年の時季 前菜:大地と海の贈り物

前菜の菊の”もってのほか”を油揚げで巻いた一品が美味でした。

f:id:Kajirin1:20210913181135j:plain
f:id:Kajirin1:20210913181144j:plain
蒸し物:鮑の香草蒸し 肝ソース 山形の高畠ワイン
f:id:Kajirin1:20210913181247j:plain
f:id:Kajirin1:20210913181212j:plain
吸物椀:炙り鱧と水の輪大根のお吸い物 向付:紅トロ、甘海老 刺身蒟蒻 生麩

吸い物椀の水の輪大根が見事な美しさ。

f:id:Kajirin1:20210914211058j:plain
f:id:Kajirin1:20210914211110j:plain
焼物:秋刀魚柚庵焼き 旬彩鍋:五穀味鶏と高原野菜
f:id:Kajirin1:20210914211411j:plain
f:id:Kajirin1:20210914211421j:plain
名物:蔵王牛・米の娘豚 五楽焼き 
f:id:Kajirin1:20210914211433j:plain
f:id:Kajirin1:20210914211446j:plain
冷し鉢:冷製の炊き合わせ 凌ぎ:鰊そば
f:id:Kajirin1:20210914211658j:plain
f:id:Kajirin1:20210914211712j:plain
香物:紅花大根、赤蕪、蕨一本漬 水菓子:プチケーキ 果物添え

下湯共同浴場 

夕食後、ぶらぶら高湯通りを歩いてみました。お店はほとんど閉まっていましたが、下湯共同浴場にも入ってみることに。

f:id:Kajirin1:20210913181343j:plain

大人ひとり200円をボックスに入れます

f:id:Kajirin1:20210913181432j:plain

強酸性でピリピリ

f:id:Kajirin1:20210914235233j:plain

足湯にも入ってみました 気持ちいい

石風呂(源泉2号)

翌朝は夕べと異なる石風呂で朝風呂をいただき満足。雪見の季節もよろしかろうかと。

f:id:Kajirin1:20210914231434j:plain
f:id:Kajirin1:20210914231442j:plain
石風呂 内風呂 露天風呂
f:id:Kajirin1:20210914233150j:plain
f:id:Kajirin1:20210914233142j:plain
足湯

朝食

f:id:Kajirin1:20210914212147j:plain

朝ごはんは事前に7時半にしたところ、その時間に合わせて土鍋でご飯を炊いて用意されていました。

f:id:Kajirin1:20210914231207j:plain

炊き立てご飯と出来立て冷奴

感想

今年行った初めての温泉の中で、最も好きな泉質でした。これは夫も同じ感想。

元々乳白色、白濁の湯が好きですが、なんですか身体の芯より温まり、すべすべになるお湯でした。

長い歴史の中で、人々に愛され、名湯ここにありと実感です。

300年の歴史を持つ高見屋さんは、第一に温泉、食事、寝具、サービスと満足でした。

山形は美味しいものがこれでもかとありますね。

つや姫はえぬき米、数々の葡萄🍇、りんご🍎、サクランボ🍒などの果物、日本酒、ワイン、大好きな菊のもってのほか、だだちゃ豆、赤蕪、山形のだし、牛肉、蕎麦。もうあげたらきりがありません。

大好き山形!

ちなみに、山形に関係者はおりません。

朝食時に、チェックアウトの際には、フロントに電話すれば荷物を運んでくれる旨言っていただきました。急傾斜の階段が多いので配慮されているのだと思います。山登りする私たちは、荷物を運んでいただく必要なく、自分たちで対応しましたが、サポートが必要な方には助かるサービスだと思いました。

8時半前には宿をチェックアウトして、いよいよ日本百名山 蔵王熊野岳、お釜を目指します。

明日に続きます。

白濁のお湯、青森の谷地温泉は秘湯を感じられます↓

kajirinhappy.com

 

源泉が18℃という長野の奥蓼科温泉郷 信玄の薬湯の渋・辰野館も白濁の湯で大層よかったです↓

kajirinhappy.com

 

こちらは私の不動の一位。栃木県にある奥鬼怒温泉郷の宿。二時間半、歩いてしか行けませんが機会がありましたら是非。冬↓

kajirinhappy.com

 

夏も秋ももちろんいいです。↓

kajirinhappy.com

 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。

ぜひ読者登録をお待ちしています♪ 

 

記事を更新した時にはツイッターでお知らせしています。

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スパイス・ラー麺 卍力(マンリキ)】

休日に、さっぱりとした鳥そばか、魚や海鮮のだしのラーメンにしようとしていたのに、どちらもお休みだったため、まったく正反対のがっつり系のスパイス・ラー麺 卍力(マンリキ)に行ってみました。

秋葉原のお店ですが、西葛西にもお店があるようです。

f:id:Kajirin1:20210920140430j:image

いつも並んでいますが、この日はいつもほどの列ではありません。
f:id:Kajirin1:20210920140433j:image

自動券売機で食券を求めます。夫も私もスパイス・パクチーラー麺。

夫は肉切れっぱし+100円を、私はもやしをトッピング。

f:id:Kajirin1:20210920125152j:image

カウンターだけ、10-12人ほどで満席のお店。

若者率高し。

アクリル板も仕切りも置かれて、マスクの着用を求めるサインもありました。

f:id:Kajirin1:20210920140806j:image

夫のスパイス・パクチーラー麺+肉の切れ端入り到着。

ごはん小も現金100円で追加。

f:id:Kajirin1:20210920140832j:image

私のもやしプラスも到着。
f:id:Kajirin1:20210920140834j:image

スパイスたっぷり、味濃いめ。

スープカレーのようでもありました。

スープは、鶏ガラ・豚骨・魚介を合わせたスープに、14種類のスパイスを加えた特製スープのようです。ニンニクも良く効いていて絶妙でした。

麺は、中太ストレート。

とろとろの大きいチャーシュー、モヤシ、ブロッコリーパクチーたっぷりでした。

味が濃いため、途中卓上にある酢を加えて味変したり、夫のごはん小を一口もらって、口の中をさっぱりさせてみたり。

50代の中高年には濃いめに感じましたが、新陳代謝の高い若者向けでしょうか。

店内の若者率高しに納得の中高年夫婦でした。

f:id:Kajirin1:20210920140853j:image

麺リフトやってみましたが、難しい。

このスパイス・ラー麺を食べ切るには、体力も必要だと感じました。

この周辺は、秋葉原に近いので多くの若者の支持を集める、特徴のあるラーメンやカレーのお店が点在していて、歩いていても楽しかったです。

 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。

ぜひ読者登録をお待ちしています♪ 

 

記事を更新した時にはツイッターでお知らせしています。

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

【槍ヶ岳ヘリ救助ニュースをみて山岳保険に入った】【ザックの中身の軽量化を目指して山行準備】【セールのお惣菜】

山岳保険に加入

月曜日の槍ヶ岳地震による落石で、ヘリコプターで救助されたニュースにはヒヤリとしました。

また今回、お恥ずかしながら、バリエーションルート(英語:variation route)という言葉を初めて知りました。

バリエーションルート(英語:variation route)とは、登山において一般ルートとは異なり、より登攀が困難なルートのことをいう。登山道は道が木道や階段が設置されていたりと、登山道周辺の植生保護の目的と、登山者が迷わないよう標識が設置されていたり、と整備されている登山道のことを一般登山道という。(出典:YamaReco)

今回の槍ヶ岳の北鎌尾根はこの登山道として整備されていない上級者向けのバリエーションルートだったそうです。

今回、地図を確認したら、北鎌尾根は・・・の表示が。

すなわち一般登山道がない。

登山上級者でも、地震で落石となれば、救助要請やむなしかと。

私たちは登山道として地図に載ってない道は歩かないと夫と要確認しました。

登山道しか歩きませんが、今後の備えにヤマップの山岳保険(レスキュー保険+ケガも補償)に入ったのでした。

遅すぎる感もありますが、安心のために思い立ったら即行動。

登山保険(山岳保険)ページ / 1日単位で入れるYAMAPの登山保険 | YAMAP / ヤマップ

次回の山行準備

食料編

f:id:Kajirin1:20210922114004j:image

ビリヤニナシゴレンどっちも気になり、両方購入。

タンパク質に鶏肉もタンドリーチキン味とジューシーロースト味。

行動食に私はようかんのこし餡、夫はエナジーようかん。

あとでじっくり成分確認したら、こし餡たんぱく質0.8gに対してエナジーようかん4.1gって。そっちにしとけばよかったか。

クッカー編

f:id:Kajirin1:20210922124432j:image

とにかく軽量化したい夫は、チタンのクッカーを今回新規購入しました。

200g弱もの軽量化が出来て満足な様子。

f:id:Kajirin1:20210922124454j:plain
f:id:Kajirin1:20210922124456j:plain
チタン 95g vs 今までのクッカー280g

カトラリー編


f:id:Kajirin1:20210922124520j:image

f:id:Kajirin1:20210922124523j:image

お恥ずかしながら、今までずっとコンビニでもらった割りばしとスプーンを使っていました。

この夏の会津駒ケ岳の駒の小屋で同席した方々は、皆さん、マイ箸やスプーンを持ってきていて、食後にちゃんとこれも持ってきたティッシュできれいに拭いて収納していました。

お箸はコンパクトな継式をひとつ試しに買ってみました。新潟三条市、国産のフィールドスティックです。

スプーンとフォークが一本になってるのはスウェーデン製。

月末からの山行の準備を着々進行中。

セールのお惣菜

夕飯の準備をしたくない時は、夕方夫と二人そろってスーパーへ。

 

おさかなコナーで値下げのシールを貼っていることをチラ見しながら、中華お店のお惣菜コーナーの値下げにシールも確認。

夫に何がいい?と聞くと鳥ネギだと。

それは衣たっぷり衣多すぎだったので、却下し、餃子にしようと。夫合意。300円。

f:id:Kajirin1:20210916134238j:image

もう一種類何か買おう、何がいい?と聞くと、夫は麻婆なす希望。

うーん、だったら私はエビチリがいいわと、麻婆なすを却下し、エビチリ選択。300円。

聞いておきながら、さすがに夫に悪いと思ったので、値下げになっているお刺身と、もう一品は好きなの買ってねとフォロー。

二品とも却下して悪かった?と聞くと、実は何でもいいと。

f:id:Kajirin1:20210916134243j:plain

エビチリ

家に帰ってきてレンジでチンして食べてみると、海老にまぎれてかなりの数のクワイが入っていました。

すごい技であります。

海老だと思ってとると、かなりの確率でクワイでしたw。

値下げ前は450円だったけど、それでもこんな数の海老があるわけないですよね、はい。

クワイはアクセントになって、それはそれでよろしゅうございました。

値下げ後398円のお刺身セット。
f:id:Kajirin1:20210916134248j:image
あおさといかのつまみ揚げ。夫が選択。

なんと値下げ後118円。

オーブントースターでかりっとさせていただきました。
f:id:Kajirin1:20210916134250j:image

前日切っておいた千切りキャベツ、ラディッシュとわかめと豆腐。

これだけ作りました、否、お皿に乗せました。
f:id:Kajirin1:20210916134245j:image

10%オフクーポンも使って、〆て二人で1116円の夕食。

糖質ゼロビールをプッシュっとね。

山の話で盛り上がりました。
f:id:Kajirin1:20210916134240j:image

 

 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。

ぜひ読者登録をお待ちしています♪ 

 

記事を更新した時にはツイッターでお知らせしています。

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

【自家製いくらのしょうゆ漬けとハラス丼】【中秋の名月】

秋鮭の筋子が売っていたので、旬だわーとすかさず購入し、夫にいくらのしょうゆ漬けの業務委託しました。

自家製いくらしょうゆ漬け

数年前に作ってもらってから、夫の担当になりました。

ぬるま湯で、筋子をほぐします。

しょうゆ漬けのたれ(しょうゆ、酒、みりん各大さじ2を煮切る)も自作していました。

f:id:Kajirin1:20210919141820j:image

私は、安くなっていたハラス切り落としを、酒しょうゆみりんに漬けておきました。f:id:Kajirin1:20210919141844j:image

翌日、新米炊いて丼に。

f:id:Kajirin1:20210919141851j:plain

自家製いくらのしょうゆ漬けとハラス丼

最近凝ってる、ふのりの味噌汁には水菜とネギ。

パック出汁に味噌を溶いたら、材料加えるだけのお手軽にして好きな味噌汁。

毎日食べる冷奴はモロヘイヤと刻みわさび。

ママ友Kちゃんからの到来物、宝石のような山形の葡萄とバナナ。

お漬物の中で、私のナンバーワン山形の赤蕪漬け。f:id:Kajirin1:20210919141848j:image

足りない人は、追いいくらしてもよいと、器のまま出して置きましたが、みんなこれで満足したようです。

美味しいものは、ちょっとでいいのかも。

自家製はやっぱり美味しいと再認識した秋でした。

 

これを食べて、娘はまた一人暮らしの家に戻っていきました。

中秋の名月

今宵は中秋の名月ですね。

 

最近はお団子やススキを飾ることもなく、月を仰ぎ見て終わってしまいます。

昔の写真を探していたら、出てきました。7年前のお月見の写真。

ちょっとぼけてますけど。

f:id:Kajirin1:20210920095340p:plain

2014年のお月見

実家では、お月見のお団子はしんこ餅上新粉=白米をひいた粉)と決まっていました。

そして、翌日そのお団子を3枚にスライスして、焼いてしょうゆをつけていただいたことを懐かしく思い出しました。

f:id:Kajirin1:20210920101342j:plain

こちら夫撮影

今日のブログも8時に予約投稿のため、関東在住の私は、夜9時以降に南東の空を見上げて満月を見れたら、撮影してみようと思います。

 

rakuten:f462152-satsumasendai:10000780:detail

 

 このブログは「はてなブログ」で運営しています。

ぜひ読者登録をお待ちしています♪ 

 

記事を更新した時にはツイッターでお知らせしています。

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

【鶏かぼすしょうがみぞれ鍋】【曼珠沙華】

土曜の夜に、久しぶりに鶏みぞれ鍋にしました。

鶏みぞれ鍋

本来はゆずを使うのですが、スーパーでゆずが見つからなかったので、かわいいかぼすを採用。

男子ごはんの、大好きなこちらのレシピを参考にしています。

男子ごはん「鶏のゆずしょうがみぞれ鍋」のレシピby国分太一栗原心平 11月3日 | おさらいキッチン

鶏だんごは、鶏もものひき肉を。青唐辛子2個も入れます。

f:id:Kajirin1:20210919084200j:image
娘は、昆布と鰹節で出汁を引いたことがないと。

この香りと味を覚えておいて、いつかは作ってみてね。

f:id:Kajirin1:20210919084207j:plain

昆布と鰹節で出汁を引く

鶏だんごは、スプーンで一口大にまとめながら全部投入。
f:id:Kajirin1:20210919084210j:image

水菜、しいたけ、大根おろし、生姜、かぼす。
f:id:Kajirin1:20210919084205j:image

かぼすのしぼり汁、すりおろし生姜、しいたけ、水菜、大根おろしを加えて、
f:id:Kajirin1:20210919084202j:image

鶏むね肉は薄く削ぎ切りして、加えながらいただきます。

青唐辛子2個も入れた鶏団子はちょいと辛かったけれど、これはこれで美味しい。

今回は、1個は種を取って、1個は輪切りにして種付き使用しましたが、やっぱり辛い。

小さなお子さんのご家庭では青唐辛子なしでもいいと思います。

ふっくらとして美味しい鶏団子です。

かぼすの皮も細かく刻んで、香りづけに少し乗せました。

f:id:Kajirin1:20210919084155j:image

三人で完食し、この残ったスープに夫が生米投入。夫は鍋の〆担当。

f:id:Kajirin1:20210919084238j:image

出来上がりに、バターとネギをふって、蓋をして蒸らしたら、

f:id:Kajirin1:20210919084313j:plain
f:id:Kajirin1:20210919084324j:plain
バター投入 その後

最高の〆ができました。

飲んだら、私は通常ご飯は食べませんが、この〆はあまりに美味しくて、何度もおかわりと、美味しかったを連呼する。

〆のバターが気に入ったのではないかと2人のコメント。

そうかも。

当然3人で一粒残らず完食。
f:id:Kajirin1:20210919084319j:image

鶏だんごには青唐辛子が、鍋にはたっぷりの生姜と大根おろしが入り、体の中から代謝が上がるような気がする鍋です。

塩味のシンプルな鍋ですが、自分で昆布と鰹節で出汁をとり、鶏と野菜のうまみでいただく滋味あふれる味。

鶏、水菜、しいたけ、大根、しょうがというシンプルなところも好きです。

鍋に加える具材は、出来るだけ少なくが、最近の好みです。

ちょっと時間の余裕がある時に作りたくなる、大満足のみぞれ鍋でした。

もずく

鍋の時は、鍋の時も、もずくはお友達。

自家製みょうがの甘酢漬けをトッピング。
f:id:Kajirin1:20210919084316j:image

ぶりかま塩焼き

お値打ちのスーパーで2つ入りぶりかまが値下げになっていて198円ですと。

買いました、もちろん。f:id:Kajirin1:20210919084321j:image

庭の曼珠沙華

f:id:Kajirin1:20210920113133j:plain

9/17(金曜日)

f:id:Kajirin1:20210920113108j:plain

9/20(月曜日)

桜や紅葉は年によって見頃の時期が変わるけれど、曼珠沙華は必ずお彼岸の週に開花する。

すごいです。

チューリップの球根を植える

可愛いチューリップの球根を見つけたので、蚊に刺されながらも、植えてみました。

f:id:Kajirin1:20210919111705j:plain

 

 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。

ぜひ読者登録をお待ちしています♪ 

 

記事を更新した時にはツイッターでお知らせしています。

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ