Kajirinhappyのブログ

おうちごはん、家飲み、山旅、温泉、リモートワーク中の日常などを綴っています。

糖質オフのお好み焼き

三連休最終日、夕飯をどうするか家族で協議。

お好み焼き、たこ焼き、鍋とアイデアが出ましたが、肉なし、糖質オフを両立させるのはなかなか難しい。

 

そう言えば、5-6年前に人形町 松波で食べた関東風お好み焼きが美味しかったことを思い出し、当時の写真とネットで検索。

こういうことに物凄い熱量を投入するのです、私。

 

夜の部 - 鉄板焼き・お好み焼 人形町 松浪

 

当時を思い出しつつ、我が家風に適当にアレンジしての以下のような鉄板焼きとなりました。お好み焼きに粉は一切入っていません。山芋をいれました。

  • 帆立バター焼き
  • ガーリックシュリンプ
  • 牡蠣焼き
  • きのこ(エリンギ、舞茸と椎茸の軸)と三つ葉焼き
  • 浅利とねぎとねっとり山芋
  • キャベツとやりいかとネギと紅ショウガとねっとり山芋
  • ヤリイカともやしの焼きそば

松波では、鶏とねぎ、牛肉と玉葱という組み合わせもありました。組み合わせの妙がとてもよかったのでした。

うちはシーフードで行きます。

f:id:Kajirin1:20201124224938j:image

まずは、帆立のバター焼きと、きのこと三つ葉を鉄板の1/4のエリアでそれぞれ焼いて、半分の鉄板で一枚目の浅利、ねぎのお好み焼きを焼きます。これは醤油で食しました。出汁をもう少し効かせるべきでした。

焼き手は夫。

帆立はもう少し真ん中で焼いたらとか、きのこはもっと一度に焼いて欲しいとか外野が口を出しますが、手は出さず、焼き手のやり方を尊重します。
f:id:Kajirin1:20201124224927j:image

二枚目のお好み焼きはキャベツとやりいかとネギと紅ショウガとねっとり山芋の半分。

ガーリックシュリンプときのこと三つ葉の二回目です。

このきのこと三つ葉の組み合わせがいいんです。
f:id:Kajirin1:20201124224930j:image

三枚目のお好み焼きはキャベツとやりいかとネギと紅ショウガとねっとり山芋の半分に、娘の希望でキムチを追加。これには醤油もソースもいらず、そのままで食しました。

半分の鉄板では、薄く片栗粉をまぶした牡蠣を焼きました。

写真が良く撮れていないのが、残念。
f:id:Kajirin1:20201124224942j:image

最後に焼きそば。焼きそば1袋に、もやし1袋、ヤリイカも追加しました。
f:id:Kajirin1:20201124224945j:image

夫の味付けは、醤油とデスソースと海苔を振って。
f:id:Kajirin1:20201124224934j:image

プロの味付けのようにはいきませんでしたが、自宅で気軽に鉄板焼きをたのしみました。

粉は全く加えておらず、15センチほどの山芋をすりおろしたものを種にしましたが、サクサクしてなかなか良かったです。糖質ゼロではないけれど、焼きそばを除けば、いい感じの糖質オフで満足でした。

 

鉄板焼きの後は、リビングの床が油っぽい気がしました。一同同じ感想。

翌日クイックルワイパーで何度も拭き掃除いたしました。

美味しかったから、まあいいか。

 

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

日本百名山 筑波山登山

三連休は我慢の3連休と言われていましたが、近場の山ならと、最終日に久しぶりに娘と3人で登山してきました。

 

筑波山南側のケーブルカーやロープウェイ口は大層な人出が予想できたので、初めてのコース、北側の筑波高原キャンプ場から女体山山頂を目指します。

快晴の青空。

左に見える2つのピークが筑波山。その右にこれから登ります。

f:id:Kajirin1:20201123191439j:image

筑波山は、小倉百人一首でも詠まれています。

 

筑波嶺(つくばね)の峰より落つる男女川(みなのがは) 恋(こひ)ぞつもりて淵(ふち)となりぬる

作者 陽成院

 

9:45頃の駐車場には10台位とまっていました。

ここまで来るのに、すごい斜度の細い舗装されていない道を、がったんごっとんと延々と隊長の運転で上ってきました。

車で結構登ってしまったんじゃない?

f:id:Kajirin1:20201124213717p:plain

筑波高原キャンプ場駐車場そばにはトイレもあります。

ここは、マイカーでのアクセスのみとなるため、筑波山神社のある南側と比べると格段に利用者の数は少なく、とても静かに感じます。

f:id:Kajirin1:20201123203809j:image

筑波高原キャンプ場は5月から9月までの営業と書かれていました。
f:id:Kajirin1:20201123192725j:image

父と娘
f:id:Kajirin1:20201124113000j:image

娘のトレッキングシューズは10年前に家族で屋久島に行った時に買ったもの。14歳から足のサイズ変わってないのね。もうそろそろ買い替え時ですね。

 

女体山を目指して歩き始めます。
f:id:Kajirin1:20201123203816j:image

ずっと登りが続き、息があがります。斜度はそれほどなくても長い登りです。

f:id:Kajirin1:20201124152510p:plain

人々の声が聞こえてくると、山頂が近い事がわかり嬉しい。

女体山山頂はすごい人でした。

ピークに行くのに長い列なので、何度か行っている私たちは今回はパスします。

老若男女、小さな子供さん連れ、わんちゃん連れ、皆さん快晴の三連休最終日の午前中を、外の空気を吸って過ごしたい気持ちよくわかります。

私たちは御幸ヶ原へ。

f:id:Kajirin1:20201124155420p:plain
肉眼だと、遠くに男体山が見えます。

f:id:Kajirin1:20201124155530p:plain

展望台の周辺では多くの人がレジャーシートを敷いて、早めのお昼を楽しんでいました。
f:id:Kajirin1:20201123192718j:image

展望台内のお店では大小の信楽焼きのガマの焼き物が売っていました。

すごい品ぞろえです。

f:id:Kajirin1:20201124151234p:plain

ちょっと早めですけど、お楽しみのお昼。

前日に用意したおにぎりと、残りもののお惣菜と果物。

隊長が沸かしてくれたお湯で、カップ味噌汁を3人で分け合って食べます。山頂は晴れていても風があってちょっと寒いので、温かいスープが嬉しいです。

牛蒡のスティックを買ってみましたが、250円はちょっとねー。

f:id:Kajirin1:20201124185456j:image

珈琲と甘い物も少々。
f:id:Kajirin1:20201123203823j:image

かたくりの里の看板。お花の季節に来てみたい。

f:id:Kajirin1:20201124151552p:plain

千両?ヤブコウジ?判別できませーん。
f:id:Kajirin1:20201123192711j:image

高く高く伸びる杉の木。

iphoneのパノラマを横に使わず縦に使うと、縦に長い臨場感のある写真が撮れるよと、娘に教えてもらいました。確かにこの高い杉の木々が良く撮れました。

iphoneのカメラ機能を使いこなせていないことが判明した中高年。
f:id:Kajirin1:20201124113633j:image

真っ青な空。里山の秋を感じます。
f:id:Kajirin1:20201123203819j:image

無事下山しました。本日のコースは以下参照。

f:id:Kajirin1:20201124120251j:image

お昼休憩入れて3時間ほどの短いコースでしたが、登りはずーっと登りで心拍数は結構上がりました。1時前に下山できたのが嬉しい。

地元の方々は、お昼過ぎから登ってくる方もいらっしゃいました。

老夫婦がゆっくり登ってこられていました。私たちもまずは80歳を目標に、低山を登れる脚でいたい。

筑波山には様々な登り口がありますが、メジャーなコースではない登山道は、登山渋滞に遭わず、静かでそれもいいものでした。

私のアップルウオッチの歩数は約10,000歩。

登った階数90階。
f:id:Kajirin1:20201124120513p:image

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  

汁物シリーズ第10弾 サンラータン

塊りの搾菜があると、以前はよく作っていたサンラータン。

今回、お手頃搾菜を見つけたので、久しぶりに作ってみました。

 

サンラータン

<材料>6-7杯分

  • 白菜 2枚
  • 大根 4センチ
  • 人参 4センチ
  • 長葱 1/2本
  • 搾菜 1/2個 塩抜きしないで、この塩分を使います。
  • 干し椎茸 適量水で戻す
  • きくらげ 適量水で戻す
  • 豆腐 150g
  • 卵 1個
  • 白胡椒 10-20振り
  • 酢 大さじ3-4
  • ラー油 少々
  • ごま油 少々
  • 酒 少々

春雨、肉類(鶏ささみ、豚薄切り肉、ハムなど)、竹の子、エノキなどを加えても美味しいです。

f:id:Kajirin1:20201122192625j:image

お値打ち搾菜塊が4個入り500gで167円を見つけました。破格です。
f:id:Kajirin1:20201122192636j:image

野菜はどれも細切りにしました。

干し椎茸の他に、生椎茸の軸も冷蔵庫にあったのでそれも手で割いて加えます。

野菜のカットが終わったら、もはや90%出来たと言っても過言ではない。

f:id:Kajirin1:20201122214350p:plain

沸騰したお湯に、葱以外の野菜は全部投入。
f:id:Kajirin1:20201122192629j:image

沸騰したら、弱火から中火にしてあくを取ります。
f:id:Kajirin1:20201122192621j:image

あくがとれたら、細切りにした豆腐とネギを加えます。

ここで、お酢(私は玄米米酢か黒酢が好きです)、酒少々、白胡椒を加えます。

サンラータンの辛味は、白胡椒でとは、中国出身の元同僚に教えてもらったもの。辛くしたい時は20-30振り入れますが、味を調整しながら加えます。

塩味は、私は搾菜の塩味だけで全く加えませんでしたが、塩や醤油はお好みで加えます。f:id:Kajirin1:20201122192640j:image

溶いた卵を鍋の周りから細ーく回し入れます。

レシピによっては、水溶き片栗粉でとろみをつけますが、私は今回はとろみなしです。寒い季節にはとろみがあると温まります。

最後に、良質のゴマ油と、お好みでラー油を加えます。
f:id:Kajirin1:20201122192643j:image

 

イワシの南蛮漬けは夕べのうちに仕込んでおきました。

青魚、香味野菜、酢のものは特に南蛮漬けが好きで、開いてあるイワシを見つけるとまず買ってしまいます。

イワシの開きは軽く塩を振って15分ほどおいたら、水分を拭いて、軽く胡椒と片栗粉を振って、オリーブオイルで焼きます。

香味野菜(セロリ葉っぱの部分、赤黄パプリカ各1/4個、アーリーレッド1/6、長葱と生姜適量)を上に乗せて、調味酢をかけて、冷蔵庫に。

唐辛子を加えるのを忘れましたが、あっても、なくてもどちらもいけます。

イワシが見えなくなるほど野菜を乗せるのが好きです笑。

f:id:Kajirin1:20201122214457p:plain

娘がいない夫婦二人の夕飯なので、一口ヒレカツを買ってきました。

久々のお肉です。

オーブントースターで温めて。

お肉無しの生活は全く問題ありませんが、

サンラータンは通常なら、鶏ささみか、鶏むね肉か、豚の薄切りのいずれかを加えていたので、その方がもちろんコクがあります。
f:id:Kajirin1:20201122192618j:image

ご飯は軽ーくよそいましたが、無くてもよかったかな。

野菜たくさんのスープで満足感がありました。

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  

牡蠣の香味春巻き

牡蠣の春巻きを作りました。

だいぶ前にテレビの料理番組で見たものです。

牡蠣フライも大好きですが、香りのある野菜と一緒に巻いた春巻きもたまにはいいものです。

 

牡蠣の春巻き

<材料>6個分

  • 牡蠣 1パック (春巻き一本に牡蠣を2個使いました)
  • 長ネギ 1/2本 薄く斜め切り
  • 生姜 大きめ1/2個 千切り
  • 大葉 春巻きの数の枚数(半分にして使ってもいいです)
  • 春巻きの皮 (今回は春巻き6個しか使わなかったので、残りはチーズや野菜を巻いて揚げたり、トースターで焼いてもいいです)

牡蠣は薄塩水で優しく洗って、熱湯で軽く茹でる。ぷっくりなります。

牡蠣の水分をよく拭いて、春巻きの皮に大葉を敷き、牡蠣を二つ、その上にネギと生姜をたっぷりおいて、軽く塩コショウをして巻く。

牡蠣も、大葉も野菜もしっかり水分を切ることで、油跳ねを防止できます。

f:id:Kajirin1:20201122104912j:image

油でカラッと夫が揚げる。

牡蠣が2個入ってるので食べやすいように、斜めに切ってみました。

f:id:Kajirin1:20201122104712j:image

大きい椎茸を見つけたので、オリーブオイルと塩を振ってトースターで焼いてみました。軸は捨てずに後で使います。

椎茸好きにはたまりません。

一人ひとつね。

その昔、百均で買ったこの市松模様のお皿も気に入っています。

f:id:Kajirin1:20201122192355j:image

 三つ葉、塩ふり大根、搾菜、アーリーレッドと、長葱とツナのゴマ油風味サラダ

f:id:Kajirin1:20201122192416j:image

娘が昨日やっと、ある試験を終えて、長い長いストレスから解放されて帰ってきたので、彼女の好物の手巻き寿司にしました。

お刺身と酢飯と海苔があれば、それが最高らしいです。

きゅうりとアボガド、卵焼きもどれも買ってきたものを切っただけですが、食卓が賑やかになります。

 

一杯目は糖質オフ一番搾りで → 白ワインを開け → ボジョレーヌーボーを開けてしまった連休初日の夜でした。

 

ヌーボーはそんなに興味ないのよねー、とか言っておきながら、買っておくという呑み助。 海苔の上に、チーズを切って挟んでおつまみにすると、進んでしまうのでした。

明日は禁酒ですわ。

f:id:Kajirin1:20201122104934j:image

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  

大沢山温泉 里山十帖宿泊記

10月の私の誕生日に夫が大沢山温泉 里山十帖に連れて行ってくれました。

 

何年前でしょうか、夫を含めた家族全員が私の誕生日を忘れていたのは。

10年ほど前だったか。

 

世の中には、自分の誕生日を家族に忘れられても、笑い飛ばして許せる寛大な妻や母がいることを知っています。

 

当時の私は、まだまだそのような境地にはなれず、夜まで家族の誰にも気が付いてもらえなかったことが、とてもショックで暴れた(物理的ではなく、如何にショックだったかを主張しました)ことを記憶しています。

 

これを今書きながら、夫にその時のこと覚えているか聞いたところ、思い出したくもないと一言返ってきました笑。

 

子供たちが小さかった頃は、家族の誕生日には前日からケーキの準備をして、デコレーションして、大好物を作って、プレゼントを用意して精一杯準備していたのに、自分の誕生日は、私が言うまで夜まで誰にも気づいてもらえなかったことが、なんだかとっても残念だったのよね。

 

今なら、過度な期待はするなよ、と自分に言い聞かせることができるかも。

または、一週間前から来週は何の日かしらと匂わせながら、ちょいちょい言っていたでしょうね。

 

それ以来、夫は私の誕生日には細心の注意を払うようになり笑、今回はGo To Travelキャンペーンで8月頃に、新潟の山歩きを兼ねて、古民家好きの私のために予約してくれたのでした。

f:id:Kajirin1:20201029133640j:image

築150年古民家のロビー

f:id:Kajirin1:20201121172354j:image

レセプションデスクの細長いテーブルも雰囲気があり
f:id:Kajirin1:20201121172346j:image
お部屋はモダンな印象。かわいいかごも用意されて。
f:id:Kajirin1:20201121172822j:image
f:id:Kajirin1:20201121172333j:image
f:id:Kajirin1:20201121172343j:image

里山のいい景色と、部屋付き露天風呂。
f:id:Kajirin1:20201121172350j:image

部屋に入ると、シャンパンの用意があり、これは部屋についているプランか?と思ったら、夫曰くなんと予約時に追加注文していてくれたのでした。

こんな気遣い、手配、結婚以来初めてです。
f:id:Kajirin1:20201121172324j:image

温泉へのアプローチ。

お風呂の写真は撮れませんでしたが、目の前に日本百名山 巻機山がそびえ、素晴らしい景色と、とても気持ちのいい温泉。

巻機山にはいずれ登りたい。
f:id:Kajirin1:20201121172336j:image

夕飯メニュー。お野菜中心。

料理とのペアリングをお願いしました。

f:id:Kajirin1:20201121210637p:plain

「新潟の茄子」中島巾着茄子 梨茄子 十金茄子 巾着茄子気に入りました。

f:id:Kajirin1:20201121210159p:plain

「阿部正昭さんの肴豆と地豆」黒豆 さといらず 金時豆

f:id:Kajirin1:20201122013627p:plain

 

「季節のおわん」 甘鯛 冬瓜 糸瓜

f:id:Kajirin1:20201122013345p:plain

「秋のみのり 発酵」薩摩芋 落花生 山胡桃

f:id:Kajirin1:20201121212136p:plain

「秋鯖」牛蒡 なつはぜ

f:id:Kajirin1:20201121212620p:plain

「新潟和牛」 じゃが芋 万願寺

f:id:Kajirin1:20201121212924p:plain

ロースとビーフは夫が追加で注文しておいてくれたもの。器が好きです。

f:id:Kajirin1:20201121214157p:plain

「ごちそうごはん」味噌汁 自家製漬物

f:id:Kajirin1:20201121213629p:plain

f:id:Kajirin1:20201121213529p:plain

里山・さっぱり甘味」

f:id:Kajirin1:20201121213847p:plain

食べたー。でもそのあと、部屋に戻ってシャンパン飲むふたり。

お部屋にあった煎餅もぼりぼり。

浴衣じゃなくて、コットンのスウェット上下がとても着心地よし。

f:id:Kajirin1:20201121215937p:plain


翌朝の朝は、

朝ごはんは個室に案内され、ごはんがすすむ丁寧に作られたお惣菜でした。

f:id:Kajirin1:20201121210934p:plain

出汁巻き卵とイワシ。文句なし。

f:id:Kajirin1:20201121221306p:plain


f:id:Kajirin1:20201121172357j:image
f:id:Kajirin1:20201121172742j:image

ここで食後の珈琲をゆっくりいただきリラックス

f:id:Kajirin1:20201121220749p:plain

 

f:id:Kajirin1:20201121221527p:plain

大好きな古民家のお宿は最高に楽しかった。

お誕生日ありがとう。

 

里山十帖 予約はこちらから

 

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  

大根と帆立貝柱のサラダ

大根と帆立の貝柱の缶詰があったので、そうだ簡単サラダにしようと思い立ちました。

 

だいぶ昔に、コマーシャルで紹介していたのは、マヨネーズの宣伝だったかな~、と検索したら、出てきました。

AjinomotoマヨネーズのCM、伊丹一三、宮本伸子夫妻、1987年。

33年前でした。

伊丹十三監督の映画好きでした。

 

大根と帆立貝柱のサラダ

<材料>

  • 大根  10-12センチ 私は皮もつけたまま千切りにしました
  • 帆立貝柱の缶詰 1缶
  • 水菜 1/2株 3-4センチほどに切る
  • マヨネーズ 適量

f:id:Kajirin1:20201120170152j:image

作り方という程のものではなく、材料全部混ぜて、マヨネーズは好みの量を加えて完成です。白胡椒を少し振りました。

今でも美味しい、ちょっぴり懐かしい味でした。

f:id:Kajirin1:20201120170301j:image

キャベツ、ブロッコリーとトマトで、これまた今度はツナ缶ですけど、今時はやりの無限キャベツにしました。

残っていたスティックセニョールは、茎も残さず入れました。

すごい量になってしもた。
f:id:Kajirin1:20201120170255j:image

スーパーには、この無限シリーズが各種置いてあって、いくつか試してみました。

 

パリパリ香ばし麺がいい感じで、パッケージの案内のとおり、野菜がおいしく、いっぱい食べられていいですね!

 

大根と帆立のサラダとキャベツの無限サラダだけでよかったんじゃないかと、後になって思いましたが、
f:id:Kajirin1:20201120170251j:image

タンパク質を摂取したく、塩サバも食べたくて、急遽スーパーの魚売り場で塩サバを買おうとしたところ、なんとお惣菜コーナーに焼いてある塩サバを発見。それもたくさん。需要があるのね。

 

それが同じ値段なんですよ。これから焼く必要がある塩サバと、既に焼いてある塩サバが同じ値段。

 

悩む。

 

一瞬にして焼いてある方に決定。

もうね、ちょいと疲れていたのでそれでもいいよね、と自分に言い聞かせて。

家のオーブントースターで温めました。

先日の山の帰りに農産物直売所で買ったねっとり山芋も、すり鉢で夫にすりおろしてもらい(私は手がかゆくなってしまうのでした)、ごはんには、玄米とハトムギを加えて炊いて。

食べきれませんでした。

残ったおかずは、翌日のみんなの朝食と娘の昼食になりました。

それもまたよろし。


f:id:Kajirin1:20201120170258j:image

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  

春夏冬中

先日実家の両親に会いに行った時に、大好きなお蕎麦屋さんへ行きました。

 

私のそば好きは、父からの遺伝だろうと確信しています。

父と何処かに出かけるとお昼は必ずそば。

私も最近そうなってきたと自覚しています。

 

お店の前にこちらの看板。 

 

f:id:Kajirin1:20201119160437p:plain

 

親切にも、ルビもふってありました。

 

楽しいです。

 

書体も美しく、優しい字がとても好き。


ご夫婦二人で切り盛りしている小さなお店ですが、いつ行っても混んでいます。

手打ちそばが旨いのはもちろん、奥さんの接客が気持ちいいのも、各所センスがいいのも全部好き。人気なのがよくわかります。

 

お店のたたずまいも好きです。

f:id:Kajirin1:20201119161516p:plain


熟考の末、冷やしたぬき。

f:id:Kajirin1:20201119135431j:image

 

そば、葱、海苔、大根おろし、天かすのきわめてシンプルなものですが、絶品でした。

 

関東では、たぬきそばと言えば天かすで、きつねそばと言えば油揚げですが、

関西では、たぬきそばと言えば油揚げが乗ったそばでした。

 

天かすが乗ったメニューは関西では「はいから(そば/うどん)」と呼ぶと関西に行った時に知りました。

 

所変われば品変わる。

 

ご覧いただきありがとうございます。お手数をおかけしますが、以下ポチっとしていただけますと嬉しいです。励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ